ワードプレスのグーテンベルク エディタには標準で便利な機能がついています。

その1つが「再利用ブロック」です。

これは最初から出てくるわけではないので、気づいていない方もいらっしゃるかも(/・ω・)/

使い方のアイディアと再利用ブロックへの登録方法をまとめます✏

再利用ブロックの使い方アイディア

再利用ブロックとは、あらかじめ設定した内容をブロック選択で選ぶだけで追加できる機能です。

具体的な使い方は以下のような感じ!

  • 冒頭の挨拶(定型文)を登録しておく
  • 文中に入れる広告を登録する
  • よく使うブロックの設定を保存してテンプレートにする
  • 期間限定の情報を登録し、期間終了後に切り替える

再利用ブロックを使いこなすことで面倒な作業が簡単になります(*´ω`*)

再利用ブロックへの登録方法

何はともあれ名前の通り「再利用する」ブロックなので、あらかじめブロックを作って登録が必要です。

でもブログを書き始める前に作っておく必要はなく、何かブログ記事を書いていて「これまた使いたいかもな」って思ったら登録すればOKです。

もしあらかじめテンプレートなどを用意しておきたい、使いたい定型文や広告などが決まっている場合は、新規記事を開いて投稿画面を出してくださいね。

登録したいブロックを選択して「再利用ブロック」に追加

1つだけ選択したい場合は簡単!

ブロックをクリックしたうえで表示されるメニューボタンをクリックし「再利用ブロックに追加」とクリックするだけです。

複数選択したい場合はマウスでクリックしてから引っ張る(ドラッグ)するか、最初のブロックをクリックしてから最後のブロックを「Shift」キーを押しながらクリックすると複数選択できます。

キーボードだけで行う場合は、最初のブロックを選択した状態でShiftキーを押しながら矢印キー「↓」で進むできます。

そのあと同じようにメニューから追加します。

分かりやすい名前をつけて保存ボタンを押す

再利用ブロックに名前を付けます。これは自分だけが分かれば何でもよいです。

再利用ブロックを使う方法

再利用ブロックは、同じブロックを各記事に挿し込んでいる状態です。

そのためブロックの内容を一元管理できる利点があります!

その点ふまえて使い方をチェックしていきましょう(*´ω`*)

後日一気に変更する可能性がある場合はそのまま使う

ブロックの追加をして「再利用可能🔁」タブの中に、登録したものが出てきます。

マウスカーソルを合わせるとプレビューが表示され、クリックすると挿入されます。

変更したくない場合は通常ブロックに変換してから使う

テンプレートのように使う場合は、同じように挿入した後に通常ブロックへ変換してから使います。

メニューから「通常のブロックへ変換する」をクリックするだけです。

通常のブロックに変更しておけば、再利用ブロックの内容を変更したり削除しても影響をうけません!

再利用ブロックを変更する方法

再利用ブロックの内容を変更したくなったら「編集」を押して修正し「保存」するだけです。

それですべての内容が変更されます。

また 「すべての再利用ブロックを管理」というリンクをクリックすると自分のURL/wp-admin/edit.php?post_type=wp_blockというページに飛びます。

そこで編集も可能です。

1つ注意なのが、再利用ブロックを削除すると使っているページ全てから消えてしまいます。

残したい場所は通常ブロックへ変換するなど対処をしてから削除してくださいね。